テレクラサイトは出会いよりテレフォンセックスを楽しめる場所

テレクラとは、簡単に言えば、電話を使って女性とお話をするというサービスです。

昔は、店舗型といって、今のインターネットカフェのようなお店の中に、いくつもの個室が用意されていて、男性は入店後その個室に通され、備え付けの電話に女性からの電話がかかってくるのを待ったのです。

その店舗型のテレクラも、今ではすっかり見なくなりました。
それというのも、出会い系サイトが登場し、広く一般に知れ渡ったからです。

当時、出会いを探すといえば、テレクラを使うのが普通でした。
ナンパをするよりも効率がよく、男性は、待っているだけで女性と話すことができたので、これほど便利なものはなかったのです。

しかし、携帯電話やパソコンが普及しはじめてから、出会い系サイトなるものが登場し、テレクラの利用人口は急激に減っていきました。
それも当然のことです。料金面のことや利便性において、出会い系サイトはテレクラの上をいっていたのですから。

料金のことは言うまでもないとして、出会い系サイトの良いところは、誰にも知られずに、ちょっとした空き時間に、週末一緒に過ごす人を探すことが可能であるということです。

テレクラは、わざわざお店まで出向いていって、お金を払ったぶんだけの時間しかいられず、その日のうちに会うのが基本なので、融通の利かないところが多くあり、出会い系サイトに比べれば不便でした。

出会い系サイトであれば、携帯電話ひとつで、休みの日に一緒に過ごす人を、電車での移動中や、暇な講義の最中や、ちょっとした仕事の合間に探すことができたのです。すべての面において、テレクラは出会い系サイトに劣っていたのです。

テレクラの現在

テレクラも、店舗型の次はインターネット上で事業を展開しました。
利便性を向上させ、出会い系サイトに流れた顧客を取り戻そうとしたのです。
しかし、出会いを探すという面においては、テレクラはやはり出会い系サイトにかないっこありませんでした。
なぜなら、通話サービスである以上、料金を安く抑えることが不可能であったからです。

現在だと、1分100円。
出会い系サイトの何倍もお金がかかります。
この点を解決できなければ、テレクラが出会い系サイトに勝てるはずもなく、現在でも、出会い系サイトに流れてしまった人たちを完全に取り戻すことはできていません。

テレクラの存在意義

それではなぜテレクラは存在するのか、なぜ、今でも生き残っているものがあるのか。
それは、テレクラが、出会いを探すための場所を提供するのではなく、テレフォンセックスの場を提供するという方向へシフトチェンジをしたからでしょう。

そうなのです、現在のテレクラは、ほとんどテレフォンセックスのためだけにあるといってもよいのです。
テレクラの遊び方は、ほぼ一点、テレフォンセックスに絞られているといってもいいんですね。

テレフォンセックスとは、電話でするエッチのことで、普段動画を観てオナニーをしている人からすれば、そんなの何が面白いんだ、という感じかもしれませんが、これが、やってみればやってみたで、中々興奮するものなのです。

そのように感じる人は多いらしく、今現在、多くの人が、このテレフォンセックスを目当てにテレクラを利用しています。
出会いを探すというのは二の次です。
とにかく、声でするエッチを好む人々が、今のテレクラを支えているんですね。

もしあなたが、恋人やセックスフレンドを探したいと思っているのなら、悪いことは言いません、出会い系サイトを使ったほうがよいでしょう。
しかし、ちょっとエッチな気分だ、女性とエッチな話をしたい気分だ、そういうときには、テレクラを使うのが手っ取り早くていいと思います。

出会いに若干期待しつつ、テレフォンセックスを楽しむ。
これがテレクラの遊び方なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ